シグネチャー カクテル

>>>ウェスト ヨークシャー スピナーズ 「シグネチャー カクテル」



■ 大好評を博しました「フローリスト」のメーカー、イギリスの”ウェスト ヨークシャー スピナーズ”のソックヤーンです。
■ お洒落なカクテルの色で染め上げた華やかなソックヤーンです。
■ 絶妙な幅とグラデーションのストライプ柄は、靴下だけではなく様々な作品にお使いいただけます。

◇ 75% ウール(35%はイングランドのブルーフェイスド・レスター種の羊から採られる毛糸)と25% ポリアミドの配合です。
◇ 推奨編み針サイズはヨーロッパサイズで3.25mm、国内では4号です。10x10cmゲージは、28目36段と標準的なソックヤーンと同じなので扱いやすさもバツグン。
◇ 30℃までの洗濯機洗いが可能です。
◇ 大人男性用靴下を1玉で編むことができます。

ウェスト ヨークシャー スピナーズ「シグネチャー カクテル」のご紹介の記事もぜひご覧くださいませ。



製造元である ウェスト ヨークシャー スピナーズの社長のピーター・ロングボトム氏より「ブルーフェイスド・レスター種」の羊毛を使用しているメリットについて説明していただきましたので、以下に抄訳を掲載いたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
御社が注文した毛糸は、イギリスにおいて数々の賞を受賞した非常に有名な毛糸です。

靴下用の糸には耐久性が必要なのですが、BFL(訳注:ブルーフェイスド・レスター種の羊毛)を配合することで柔らかさをも保持することができるのです。
特に手編み用毛糸を製造する場合、繊維がカール、ウェーブしているBFLは理想的と言えます。

このカールやウェーブは顕微鏡でしか見ることができないのですが、BFL配合の糸で編んだ衣類はより”かさ”があって、伸びたり縮んだりした時に素早く元に戻るという性質を持ちます。

もうひとつの重要な特性は、カールにより空気が繊維の中に閉じ込められるため、より軽く感じられ熱を保持することができるのです。

私の意見では、25ミクロンのメリノウール(訳注:標準的なメリノウール)を手編みした場合、BFLより重くペタッと感じられるのではないかと思います。これは、衣類を洗濯した後に顕著になります。

私たちは、自社工場で長年毛糸を開発して生産してきました。製品開発においては市場に投入する前に徹底的にテストしています。

この情報が役に立つことを願っています。
質問がありましたら、お気軽に問い合わせしてください。

ピーター・ロングボトム

ブルーフェイスド・レスター

 
7