Schoppel ショッペル毛糸

豊富なカラーバリエーションで魅せる、Schoppel・ショッペル毛糸


圧倒的なカラーバリエーションにうっとりさせられるショッペルの世界とは・・・

1. 段染め毛糸、単色毛糸、どちらもユニークなカラーの数々

毛糸玉を見るだけでも、ショッペル独特のカラーに魅了されてしまうこと間違い無しです!

色の名前も、単に「レッド」や「ブルー」などといった直接色を表す言葉だけではなく、たとえば、「春が来た!」、「秋の風」等など磨きぬかれた言葉が使われていて、ニッターさんの心をくすぐります。

シリーズによって、異なる染色方法で染められた毛糸は模様の出方も様々。はっきりとしたストライプが出る毛糸もある一方で、実に複雑なグラデーションが出てくる毛糸もあります。

そのため、ソックヤーンであっても、ショールやプルオーバーなどの大きな作品を編んでも綺麗な柄やグラデーションを楽しむことができます。


2. カラーだけではなく、素材や染色方法も豊富

ソックヤーンシリーズは、一般的な配合の、スーパーウォッシュ・ウール75%に、ポリアミド(ナイロン)25%ですので40度までのお湯で洗うことができます。

ソックヤーン以外のシリーズには、ウールやナイロン以外に、シルクや竹といった素材を配合した毛糸もあり、作品の用途によって使い分けることが可能です。

さらに、手染め毛糸の "CAT PRINT" シリーズや、染色用の生成り毛糸などで「手作り」感を生かした作品を編み上げる楽しみも味わえます。

メーカーの Hohenloher Wolle 社について

社長の Gerhard Schoppel 氏が率いる、ドイツ南部のヴァールハウゼン市にある毛糸の製造・販売会社。厳選されたウール(主に南米産)を使用して、毛糸の生産は「MADE IN GERMANY」にこだわった最高品質の毛糸を生産しています。

日本では、黒猫が毛糸玉をかかえているロゴから、ファンの間では「猫ちゃんマークの毛糸」とも呼ばれています。



2013年に開催されたファッションショーの模様


表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

141