Opal オパール

いつか編んでみたかった話題の「魔法のソックヤーン」、Opal・オパール毛糸


日本中のニッターさんを夢中にさせている魅力の数々とは・・・

1. メリヤス編みだけで模様が出てくる「段染め毛糸」

編み出したら止まらない・・・ 次から次へと飛び出してくる模様に、時間を忘れてしまうニッターさん続出!?

しかも出てくる模様はシリーズによって多種多様。ショートピッチ、ロングピッチのどちらでもメリヤス砂漠とは無縁かも。

シリーズ毎に、そのモチーフやテーマに沿った数種類の色番が用意されるので、お気に入りの毛糸がきっと見つかります。

サイズは、靴下用毛糸に適した、4本撚り(日本の中細に相当)を中心に、例年6、8本撚りの毛糸も生産されるので、用途に合わせたセレクションも可能です。


2. シーズン毎に展開される豊富なコレクション

年間を通して生産・販売が継続する定番の毛糸コレクション - 現在は、「フンデルトヴァッサーI,II,II」と「星の王子さま」シリーズ - に加えて、シーズン毎に発表される豊富なコレクションが、日本中のニッターさんのハートを捉えて放しません(右のポスター画像は、2014年の新作「熱帯雨林」シリーズ10作目です)。

3. 出来上がった作品のお手入れも簡単

ウール75%に、ポリアミド(ナイロン)25%という靴下用毛糸にベストの配合は、柔らかいけど耐久性があるという相反する性質を生み出しています。また、スーパーウォッシュ加工により、フェルト化し難く40度までのお湯で洗うことができるので実用性も抜群です。

メーカーのTUTTO Wolfgang Zwerger社について

ドイツの南、ヘッヒンゲン市にあるソックヤーン(靴下用毛糸)専門の生産・販売会社。染色工程からセールスまでを同市で行い、マーケットにいち早く対応した斬新な毛糸を生産しています。


83